口臭ケア おすすめ

お金をかけずに口臭ケア

自分の口臭が臭いかどうかなんて、なかなか気がつかないものだと思います。

 

 

中年男性が抱えるな悩みだと考えていました。

 

 

実際、60代父は、口臭に悩んでいました。

 

 

人前で話すのことも多い立場にあるため、口をゆすぐ液体のものやガムなどを取り入れていました。

 

 

そのほか、口臭スプレーも使っていました。

 

 

そういった姿をみて、私自身を気をつけていかなければならないと思いました。

 

 

また、口臭が臭いなと感じる人(上司)が職場にいたこともひとつのきっかけだったんです。

 

 

もともと、その上司とは、担当業務も違い軽く挨拶する程度の関係だったんですが、しばらく、ペアで仕事をすると言うことになったんです。

 

 

最初の打ち合で、2人で話していると、変な臭いがしたため「なんか臭いませんか?」と私がいうと、上司は特になにも…という感じで、気のせいだねーという形で、この話しは終わったんです。

 

 

それからも、しばらく2人で話す機会も増え、子の上司の口臭が臭いことに気付きました。

 

 

とはいっても、本人に言えるはずもなく、ひたすら我慢の日々でした。

 

 

体調によって差もあるようで、時々、本当に辛いときもあったんです。

 

 

そういう時は、飴を勧めたりして、耐えていました。

 

 

やはり、本人は気づいていない様子でした。

 

 

そして、自分自身の口臭に関しても、気になるようになりました。

 

 

当時、まだ20代ではあったものの、20代だからといって、口臭が臭くない!とは限らないと感じ、口臭ケアについて調べることにしたんです。

 

 

まず、定番とも言える歯磨き。

 

これに関しては、その当時、昼の後は口をゆすぐぐらいだったため、磨くことにしました。

 

 

また、口臭予防に、緑茶が良いということをしり、緑茶を進んで取りいれるようにしています。

 

 

茶葉を直接口に含むと良いという情報もあったため、休みの日などになんどか試したことがあります。

 

 

良い香がするものの、人前では絶対できないと思いました。

 

 

また、唾液を分泌させる方が良いという内容も書かれていたため、これもすぐに実践しました。

 

この方法が、一番気に入っています。

 

 

単純に、食事の時の噛む回数を増やすというもので、私のは場合30前後を心がけています。

 

 

時間のあるときは、もっと回数を増やしても良いようです。

 

 

しかし、毎食50、60と噛んでいたら、時間がかかりすぎて、ストレスに繋がってしまうとおもうので、無理のない範囲で続けています。

 

 

ちなみに、これは、口臭ケアの他、ダイエット効果もあります。

 

 

少しの量でも満腹になるんです。テレビなどでも特集されていました。

 

 

口臭は、周りの人に不快な思いをさせると思います。

 

 

さらに、そのことについて、なかなかまわりは言いにくいもの。

 

 

だからこそ、日ごろからケアをしておくべきだと思います。

 

 

調べると、様々な方法が出てくるので、これなら自分に合うかなというものを見つけたら、良いのではと思いました。

 

 

口臭に効くサプリ

 

更新履歴